<< 元気ですv | main | 過去世としてのイブニル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |

トートタロット過去世リーディング・インナーセルフの人生 by R館
【この記事は 2015.09.09 に書いたものを元に、
2016.04.25 に大幅に編集・加筆した記事となっております】

MYインナーセルフ・イブニルが実際行動し、生きた記録と記憶。
いわゆるイブニルの人生を見てもらいました!

情報をおろし、解説してくれたのは、いつもお世話になっておりますR館のRikoさんとカジュちゃんですv

Rikoさんはトートタロットを愛用しており、
カードを引いてゆく+Rikoさんによるインナーセルフ本人からのインタビューをもとに、
インナーセルフの人生を紐解いていってくださいます。


さて、イブニルの人生を語るカードたちの全体像はこのようになりました。

 




ながっ!(@_@)

人間さんの人生だからでしょうか…
Rikoさんのインナーさん、カジュちゃんの過去世を読み解いた記事を事前に拝見していた私は、その差にとても驚きました。

長い理由を推測してみて、
人間さんの人生ドラマは、精霊さんに比べて感情的ゆえに濃いのかもね〜とか(*'▽')
人間さんの過去世…とくに人間インナーさん本人の過去世となると、長くなる傾向にあるのだとお聞きしました。

今回の場合、途中カードを置く場がなくなり、カードをもう1度切るほどでした(^^;


ちなみに目安として…
この3枚ある画像の内、1枚目と2枚目1段目までが、彼の誕生〜幼少期・思春期を表しています。

そしてそこから自立と続き…、もちろんいろいろドラマを越えて…
最期には天寿を全うされています。(*^^*)


過去世としてのイブニルの人生についてはこちらの記事にまとめ、紹介しておりますv
興味のある方は見てみてくださいね(^▽^)/
 
【追記】
R館:インナーセルフ・再訪セッション=インナーセルフ人生において
トートタロットから読み取れたインナーセルフの人生を、
希望者にはRikoさんが文章化して送ってくださるそうです(+料金あり)。
参考例としてイブニルの人生が文章化されています。興味のある方はこちらをご覧くださいませv


Rikoさん、カジュちゃん、ほんとうにありがとうございます(^▽^)/

このセッションで、イブニルの歩んだ人生を見せてもらい、私としてはまず、感無量ですv

ずっと知りたかったイブニルの人生。
彼は何をし、そしてどんな環境の中で過ごしてきたのか、何を体験してきたのか。

彼を認識して、共に居てもう9年になりますが、
インナーセルフと分かるまで “あくまで空想” と思っていただけに、彼にも人生があるなんて思ってなくて。

開示してくれたイブニルにも、感謝感謝ですv


今回、インナーセルフ・イブニルの人生を垣間見て、
わたしとイブニルとの共通点がたくさん見えてきました。良いも悪いも越えてサキ

自分は彼としての過去世以外にものいくつかを過去世を見たことがあるのですが、
イブニルの歩む人生が、私の場合、かなり自分の人生と共通点があり、面白かったです。

そして、イブニルは、ほんとうにインナーセルフだったんだなぁ…とやっと腑に落ちた感覚がありました。v

それに、彼の過去世からの教訓や想いは、私が今までで知ってきた、
(私自身が腑に落ちている落ちていない問わず)
スピ観点から見る “自分の特徴” や “今生のテーマ” などとも共通するところが多くあり、
これもイブニルがインナーセルフだと納得せざるを得ない要素ともなりました。苺


イブニルとの付き合っていく中で『このひとなんだろう…?』って思っていた時よりも、
インナーセルフと知ることで、そしてインナーセルフと認め、信頼感を高めていくことで
きっと私自身もどこかパワーアップしているんだろうなと思いますv






そしてこのリーディングによって過去世から引き継いだ “思い込み” もここで明るみになりましたv

思い込みを『過去は過去、今は今。未来には関係がないんだよ!』とRikoさんは強く、
伝えてくださいました。

ただそれでも、その浮上した “思い込み” に対して、
それを手放すのをイブニル自身がまだ自信?がなかったようす。
よっぽどのショックがあったのでしょう、どうやらまだこの思い込みを引きづっている様子でした。悲しス。


今生はこんなことは起こらないんでしょ?との質問に、イブニルはしっかりYes.

(大丈夫だって)分かってるのに!しっかりしてインナーセルフ!!
とRikoさんとわたしに迫られるイブニルさん笑

イブニルが混乱すれば、当たり前にわたしも混乱状態になります。


彼のこの反応を見たRikoさんが、助け舟としてさらにカードを引いてくださいました。



これらも参考に、じわじわと、イブニルとともに思い込みを外し中です(^▽^)/

改めまして、Rikoさんカジュちゃん、ありがとうございましたv


 
【追記】
こちらモニター期間にリーディングしてもらいましたが…
現在、インナーセルフ・再訪セッションのメニューの1つとして、
インナーセルフの人生を読み解いていくこのセッションを本格始動させたもようですv

こちらのセッションは再訪メニューなので、条件として『初訪を終えられた方』ということになりますが、
ご興味のある方は覗いてみてくださいね(^▽^)/

R館:再訪☆セッションメニュー



おまけ(番外編?)につづきます(*^^*)↓
 
番外編です(^▽^)/♪


今セッション、トートタロット過去世リーディング・インナーセルフの人生を受ける前のこと。

イブニルはどこかしら、このセッションを受けることに対して、渋い顔をしていました。

思い返せば私は、イブニルがインナーセルフであり、彼にも彼の生きた人生があると知ったときから、
なんとか彼についてもっと知りたいと、
イブニルに本人に迫ったり、8世紀ごろのシルクロード商人の状況を知ろうと情報を集めたりとしていました。

私の心境としては、
ただただ妄想の産物ではないかと思っていたイブニルがインナーセルフであり、
そして彼にも彼の生きた人生があると知って、
長い間それを知らずに連れ添ってきた私は、今まで彼のことを知らなかった分 知りたいと思ったわけで。

一方でイブニルは『過去なんて知らなくたっていいだろ〜』とか。

ただ私の気持ちとしては収まらず、当時の気持ちを表すと
『ずっと一緒に居て守ってくれてた人のことを知りたいと思う気持ちはそんなに不思議なものじゃない!!』
『それに結局 私自身なんでしょインナーセルフって手!』という土足感満載です笑



そんな私の熱意にか?、今回のセッションがR館から募集され、受けてもいいと彼は言いつつ、

予約の直前まで、『断ってもいいんだぞー』とか声をかけてきたり、
関連があるか分からないけれど、いつも以上にフォルカくん(ハイヤーさん)のところに行ったりで

なんだか気乗りしていない感じのようすでした。


セッション当日にRikoさんとSkype繋いだ時も、最初音声が届かず…
これはイブニルの足掻きだったのかな?と『ぷぷき』となりつつも、
それでもそんなに嫌だったのかなぁ…と思う気持ちもなかったわけではなく。

そのくせ、リーディングが始まるとイブニルはものすっごく語る・伝える・喋るで、
私としては彼のこの態度に疑問がありました。

面白いわーい と笑いつつも、内心不安 みたいな。



このことについてイブニルから

『兄弟姉妹に、自分の人生赤裸々に話せるか?』

と一言。

ああ〜これは……思い当たる経験があります。

話してもいいけれど、こっぱずかしくて話せない。

私にも5つ離れた妹がいるのですが、自分に在った人生の波を彼女に語るにはなんとなく勇気が要りました。

というか、私は、妹は母から私の色々を聞いているのかと思っていたのですが、
ほんとうに全く聞いていなかったようで…
さすがに全然隠す気のなかった(むしろみんな知らせているつもりだった)ことまで
彼女が知らなかったと知ったときは唖然としましたが笑

ちなみに、私たち姉妹、かーなーり仲がいい方だと思います。v
妹のことを想うと姉は顔がにやける程です笑

そしてかつては、妹を “守る” と懸命になっていたこともありました。

その想いが彼女をどこかで傷つけていたのかもしれないと気付いたのは、
彼女に人生を赤裸々に話した後のこと…比較的 最近のことですが苦笑

私がせめて妹だけは守らないとと思っていたころ、私はイブニルに守られていた。

そんなかつての守りの対象が、自分のことを知りたいとなったとき…
それは戸惑うわな笑

(イブニルは、インナーセルフのセッションを受けるまで、私の前では基本的に無表情の仏頂面でした。)
(初訪セッションのRikoさんの絵が届いたとき『うわぁぁぁばれる恥ずかしい!!!!』とか騒いでいた
 懐かしき面白にるさん)
(仏頂面は、『俺はしっかりしてるぞ、守ってやってるぞ』アピールの1つだったらしいです。
 お世話になりましたv ありがとうね(*^^*))

ってことは結局、自分の人生を知られるのは “恥ずかしかった” ってこと…なのかな??

セッションの機会を用意してくれたRikoさんとカジュちゃんにも感謝だけど…
イブニルも、開示してくれてありがとうねvハートDocomo1星


……なんだか体温上がってきた笑


 
| ■ インナーセルフ・イブニル | 12:44 | comments(0) |

スポンサーサイト
| - | 12:44 | - |